ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

若い人の心筋梗塞!注意すべき点は?

   

 

心筋梗塞とは心臓に栄養や酸素を運んでいる動脈(冠動脈)が何らかの原因によって詰まり、
心臓の筋肉が虚血状態となり壊死し始める病気です。
思い浮かべるのはお酒を良く飲むお年寄り男性とかではないでしょうか?
しかし現在、若い人にもこの症状がでて、最悪の場合死に至ることもあります。
少し前に天海祐希さんが心筋梗塞で休業されていました。
健康的で、規則正しい生活を送っているようなイメージの人でも、
とつぜんこの病に犯されることがあります。

 

そして、特に女性はこのような心筋梗塞の予兆である「狭心症」の症状が現れにくいそうです。
注意すべき点をいくつかご紹介します。

 

胸の痛みが30分異常続く場合は救急車を! 心筋に血液が十分に供給されなくなった状態を「狭心症」といいます。これが心筋梗塞の予兆です。

心筋梗塞になる過程では、30分以上も胸の締め付けられるような痛みが続きます。
冷や汗が止まらないほどの痛みです。すぐに救急車を呼びましょう。
狭心症の場合は一時的な症状ですが、心筋梗塞となるとすぐに命に関わります。

心臓

 

予兆がない場合の発症も!予防をしましょう。

狭心症のような予兆があれば命に関わる以前に処置ができますが、
心筋梗塞の中には突然おこるということもあり得ます。
それを防ぐためには食生活と運動不足を見直すことです。
若者の心筋梗塞が増えている理由が食生活の乱れと運動不足という指摘もあります。
肉・植物油は動脈硬化やアレルギー性疾患を引き起こす理由となりますので、
肉より魚を摂取し、適度な運動を日常的に行ってください。

心臓2

ストレスや喫煙も血液循環の妨げとなりますので、
健康的な生活を過ごせるように意識をしてください。

 

 - グルメ・健康

test

あああああああ

×