モノが捨てられない病のあなたをちょっぴりhappyにする「断捨離」という考え方。

   


部屋がいつまでも片付かない!そんな女の子いませんか?

もしかして…あなた「モノを捨てられない病」じゃないですか。

部屋がいつまでも汚い!
モノが捨てられない!

そんな女の子達必見です♩

暮らし方=モノとの付き合い方?

整理整頓できないオトメ達。そもそもの考え方を変えてみては?

お部屋がいつまでも片付かない。

もしかして「どう収納するか」じゃなくて
「なぜモノが増えるのか」や
「どうやったら増やさないようにできるのか」
といった考え方にシフトチェンジ
してみてもいいのかもしれません。

モノは、私の味方でもあり、私の敵でもあって。
モノは、私を応援してくれもするし、私を損ないもする。
モノは、私を演出して高めてもくれて、私を蔑みもする。
さあ、どんなモノたちと共に過ごそうか、その時々に。

「モノ」と上手に関わっていくのが
人生を豊かにhappyにする方法
なのかもしれません。

「断捨離」というコトバを知っていますか?

日本人特有の”もったいない”の概念に押しつぶされてしまうかも。

不要なモノなどの数を減らし、
生活や人生に調和をもたらそうとする。

それが「断捨離」の考え方*

断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる

日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが、
この考え方が行きすぎると、物を捨てることができなくなり、
やがて、すでに使わなくなったモノ、将来も使うはずがない
モノなどが、家・部屋の中に次第に増えてゆき、
やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなり、
また人は膨大なモノを扱うのに日々 膨大な時間や気力を
奪われるようになってしまい、
知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて、
心身の健康を害するほどになってしまう。

出典:ja.wikipedia.org

もったいない症候群のあなたにモノを捨てる鉄則*

シンプルでhappyなライフのために、あなたができること。

モノが少なくなれば
スペースも広がり、心が豊かになります。

欲しいものだらけの女の子。

でも1度
「モノを捨てる」ことを始めてみませんか?

〔鉄則1〕「今は使わない」は一生使わない

どうせ、また次のシーズンに
なったら買い替えるんでしょ?

だったら今捨てましょう。

きっと一生使いません。

今使っているかどうか?

これが大事ですね。
言わずもがな、倉庫やクローゼット、
引き出しの中で長い間眠っている物は持っている意味がありません。

服とかシーズン物も毎シーズン新しいものを
購入するなら結局、1シーズン終われば不要ですからね。

〔鉄則2〕「捨てる物」と「取っておく物」を分別してみる

そんなスッパリ捨てられないよ〜
なんて人にはとりあえず分別してみることを
お勧めします。

物を4つの段階に分けて、「捨てる」と「取っておく」を明確にする

1.思い出が詰まっている物
2. 理屈は無いが好きな物
このふたつの段階の物は残す。

3. いつか使うだろうと思う物
これはいらない。捨てられない洋服を調査した次のようなデータがある。
いつか着るかもと思った服を2年後に着た確率は、3%未満。

4. 判別不可能な物
これも捨てる。判別不能な物は興味が無い、いらない物である。

〔鉄則3〕「取っておく事」≠「モノを大事にする」

取っておくことと
モノを大切にしていることは
違います。

その”思い出の品”
本当に必要ですか?

「思い出の品だから」という理由で不要品を取っておいていませんか? そうした物はすぐに捨てた方がいいですよ。

〔鉄則4〕使わないものはゴミ!過去を捨てなくては、未来の場所はありません。

最後に。
「迷ったらゴミ」
「使わなきゃゴミ」
「思い出の品を捨てても、思い出は消えない。」
「過去を捨てなくては、未来の場所はありません。」

こんなコトバを送ります。

一度、周りのモノを見直してみませんか?

もう一度、
モノとの付き合い方を見直してみましょう。

きっとあなたの人生は少しだけ
happyになるはず。

 - 生活・モラル

test

あああああああ

×