海外でのバレンタイン事情は日本とは違う?!

   

1asdc
引用:pinterest

チョコレートを渡すのは日本だけ?

日本では1月のお正月モードが終わり次第、すぐに街並はバレンタインへと移行していきます。女性たちはそわそわしながらチョコレートを選んでいる風景をよく見ます。しかし海外の事情とは少し異なるようです。昭和30年代からはじまったのがチョコレートを渡すとい行動だったようです。チョコレート会社が「バレンタインセール」と称して、デパートでチョコを販売したことがはじまりとなりました。それから、「女性が男性にチョコレートを渡す」という文化に変わっていったようです。しかし、アメリカのバレンタインデーは日本とはことなり、特に性別は関係ないということです。女性から男性に、ということではなく、普段お世話になっている人にお礼や感謝を伝えるカードを贈ることがスタンダードとされています。また男性から女性へはチョコレートに限定することなく花を渡して告白する、ということも多いようです。

2asdc
引用:pinterest

日本にも少しずつ変化が

女性から男性へのチョコレートを渡す習慣は正直いって女性にとっても負担です。会社の上司などに渡すことを禁止している会社もあります。そこで最近では日本以外のアジアでも男性から女性に花を贈ることがスタンダードとなりはじめていて日本でも「花を贈る」ということを広める活動が増えています。フラワーバレンタインといい、男性が女性へ贈るイベントです。もちろん女性もいつもの感謝を込めてチョコレートやカード、プレゼントを渡すというのも素敵ですね。男女問わず、感謝を伝える機会を大切にしましょう♪

 - 恋愛・失恋

test

あああああああ

×