生活に香りを取り入れると気分が上がる?!

   

そのときの行動と気分で香りを使い分ける!

1;jknnkn
引用:photo-ac

香りには柑橘系、ハーブ系、フローラル系などいくつか種類があり、成分によってもたらす効果が違います。仕事や勉強の効率を高め、頭や心をスッキリさせてくれる代表格はペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどです。スーッとした爽やかな香りは喉の痛みや鼻づまりにも心地よく感じます。
オレンジやライム、ベルガモットなどの柑橘系は気分を元気にしてくれます。心が疲れたとき、ぜひ嗅いでみたいですね。
ラベンダーやローズなどは心を落ち着かせてくれるので、テストやプレゼン前の緊張をほぐしてくれるかも知れません。

手軽に香りを愉しむ、その1

2ljkjkjk
引用:cocolog

香りの初心者には「サシェ」がおススメです。サシェとはポプリや香りの粉などが入った小さな袋のことで、クローゼットやシューズボックスの中に忍ばせておくことにより、ほんのり優しい香りを愉しむことができます。雑貨屋さんや100円ショップには可愛いサシェが沢山売っていますし、香水やアロマオイルを染み込ませたシートや、既製品のポプリなどを小袋に入れれば自分だけのサシェを簡単に作ることができます。

手軽に香りを愉しむ、その2

3'lkjkij
引用:photo-ac

お手軽、簡単、ということではアロマキャンドルがおススメです。雑貨屋さんには食べてしまいたくなるような可愛いキャンドルが沢山並んでいます。見ているだけでも十分ほっこりさせられますが、火を灯せば優しい至福の香りに包まれます。キャンドルは香りだけでなく、キャンドルを入れる容器も可愛いものが沢山あるので、それを選ぶのも愉しみのひとつです。

 - 健康, 生活・モラル

test

あああああああ

×