弱小出版社が大勝利!キョンキョン本がバカ売れの理由

   

先日出版された「キョンキョン」の愛称で知られる小泉今日子さんの本が即完売したそうだ。発行元は従業員5人の小さな出版社。一体どのような内容の本だったのだろうか。

①小泉今日子大特集

1asdljbk
引用:yahoo

話題となったのはカルチャー誌「MEKURU」だ。小泉さんの50歳の誕生日であった2月4日に発売され、即完売し、重版されることとなった。その本の中で90ページにわたる小泉今日子大特集が組まれ、小泉さん自身のロングインタビューや本当のすっぴん写真などが掲載され人気を呼んだようだ。

②版元は従業員5人の弱小出版社

インターネットが身近なものとなり、出版業界はどこも売り上げが伸ばせず悩んでいる中、カルチャー誌というコアなジャンルで即完売となるのは驚異的な出来事だ。発行元は主に広告を扱っている会社で従業員はたったの5人。キョンキョン人気を見込んで通常よりも大幅増刷した特集号はもともと「1年かけて」ゆっくり売るつもりだったとのこと。出版元の予想をも上回るキョンキョン人気があったということのようだ。

③なぜ今、小泉今日子なのか??

2sakjdb
引用:aol

小泉今日子さんの全盛期は1980年代。バブル崩壊前の日本全体が活気に満ちていた時期にアイドルとして活躍した。その後、結婚・離婚を経験したが、自身の魅力をさらに高めてきた。50歳となった今、無理に作ったような魅力ではなく、自然にまとった年齢相応の魅力が、特に女性の支持を集めているのだろう。
☆いかがでしたか。アイドルとしてちやほやされても自分を見失わず、自らを律して活躍し続けている彼女の言葉には余計な装飾がなく、ぶれない芯の強さが感じられます。憧れちゃいますね☆

 - 芸能・メディア , ,

test

あああああああ

×