ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

羽生結弦(20)がまた魅せてくれたパーフェクト演技!試合前のトラブルなんか関係ねぇ

   

羽生結弦(20)がまた魅せてくれたパーフェクト演技!試合前のトラブルなんか関係ねぇ]
日本時間の3月31日よりフィギュアスケートの世界選手権が開催されました。場所はアメリカ合衆国、マサチューセッツ州ボストン。日本男子からは絶対王者・羽生結弦選手と期待の若手・宇野昌磨選手が出場しました。

①世界選手権SP首位発進、演技終了後には雄叫び

1sakjdbak
引用:yuzurufight

SPの曲はショパン「バラード第1番」、冒頭の4回転サルコウ、4トウループ+3トウループのコンビネーションを綺麗に決め、得意の3アクセルもバッチリでした。演技終了後には珍しく雄叫びをあげていました。

②精神状態は「ぐちゃぐちゃだった」

本人曰く「精神状態はぐちゃぐちゃだった」とのこと。練習会場で他の選手により進路妨害を受け、激怒したという羽生選手。複雑な精神状態であっても完璧な滑りを魅せるのは、さすが絶対王者というところでしょうか。

③「僕はレジェンドになりたい」

2aksjdbka
引用:google

羽生結弦選手が関連した本はいくつもありますが、2016年3月25日に発売されたばかりの『羽生結弦 王者のメソッド』がAmazonでベストセラー1位と話題になっています。ジュニア時代の2008年から金メダルを獲り絶対王者と呼ばれるようになった2016年までの羽生選手の軌跡をまとめた本です。試合結果はもちろん、練習する環境やオフの様子なども描かれており、如何にして羽生選手というスゴイスケーターが生まれたのかが丁寧に書かれています。本の合間に入っている写真もファンにとってはかなり嬉しい特典となっています。
☆あどけない少年が、どんどん大人の男性に変わってきていますね。プレッシャーに負けることなく結果を出し続けていくことは、周りからは想像もできない苦労があるのでしょうね。あ、本はホントお勧めです。出版社の回し者ではありませんよ~☆

 - 芸能・メディア

test

あああああああ

×