ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

片づけ上手になる収納の裏ワザ、その1―――部屋を広く見せるコツ

      2016/04/15

1asdc
引用:4healthcare

狭い部屋を広く見せたい!
ゴチャゴチャした部屋をスッキリさせたい!
そんな悩みを抱えた人は沢山いると思います。
ここではまず「部屋を広く見せるコツ」をいくつか紹介いたします。

とりあえず一か所を綺麗にする

2sadcasd
引用:photo-ac
たとえばリビングのテーブル。ゴチャゴチャしていませんか?
今朝の新聞、テレビのリモコン、電源が入ったままのパソコン、煙草や灰皿などなど、ついついポッと置いてしまいがちですよね。気が付けばいつもテーブルの上には何かが乗っているという状態ではありませんか?
リビングのテーブルはおうちの中心です。ほかのところはさておき、新聞やリモコンなどはきちんと指定席を決め、とりあえずこの場所だけは絶対にモノを置かない!と決めましょう。
一か所こうして綺麗な部分があるだけで周辺も徐々に片付いて行くものなのです。家族みんなで「テーブルの上だけは!」と、ゲーム感覚で死守したいですね。
気が付けば、いつのまにかそれが習慣になっているはずです。

部屋に入った時の第一印象を意識する

3sadasdas
引用:photo-ac
部屋に入ってパッと見える場所にモノが少ないと、それだけで部屋が片付いて見えます。大きな家具などは入口から見えない手前の壁面に置く、家具類はバラバラでなく、高さや奥行を揃えるなどまとめて配置する。それだけで部屋が広く見えるものです。

明るい色の家具やファブリックを選ぶ

広く見せたいなら、明るい色の家具やファブリックを選びましょう。
特にカーテンやラグは壁や床に近い明るめの色を選ぶと効果的です。
家具やファブリックを同じテイストで揃えるのもスッキリと片付いて見えます。
どこのお宅にも1つや2つあるカラーボックスは、ゴチャゴチャ感を隠すため、テイストに合わせた布地で目隠しをしたり、インナーボックスなどを使用して統一感を出すと綺麗に収まります。

 - 生活・裏ワザ ,

test

あああああああ

×