ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

片づけ上手になる収納の裏ワザ、その2―――部屋の片づけのコツ

      2016/04/15

前回は「部屋を広く見せるコツ」を紹介しましたが、今回は「片づけのコツ」です。
ゴチャゴチャのクローゼットや食器棚を何とかしたい!という方は参考にしてみてください。
1aksjdbcasdca
引用:photo-ac

要るもの、要らないものの分別

今日はクローゼット、次の日はリビングボード、その次は食器棚、というように一か所ずつ片づけて行くのがポイントです。
まず、片づけようと決めた場所の中身を全て外に出してください。
そして必要なもの、要らないもの、今の時点でどうしようか迷っているものに分けます。
必要なものは種類別に戻して行きます。そのとき収納箱や引き出しに中身の分かるラベルを貼ると便利です。
迷っているものはとりあえず保管箱を作ってそこに入れます。一カ月、半年と期間を決めて、その間に一度も使用しなかったものは思い切って捨てるかリサイクルに出しましょう。
一気に家じゅう全てを片づけようとすると途中で力尽きてしまいます。一か所が片づくと、不思議なことにその満足感から早く次の場所を片づけたくなるものです。

買う前に片づける場所を空ける

2sadcasdv
引用:photo-ac
家電やインテリアなどは、買う前に置き場所を確保しましょう。
大物の家具や家電などは必ずサイズを測ってから買うようにしてください。
買ったはいいけど置き場所がない、なんて悲劇を防ぐことができます。
収納ボックスなどもサイズを測った上で購入し、きっちり並べると良いですね。統一感があるだけで部屋はスッキリ片付いて見えるものです。

使ったら必ず定位置に

使ったものは元の位置に戻す。これは整理整頓の大原則です。しかし分かっちゃいるけどなかなか難しいものですよね。
お子様が小さい場合は収納場所に収納するものの写真を貼り付けておくなど、楽しい工夫をすると効果があるかも知れません。
意外と大人も、違う写真の貼ってある場所に違うものは入れにくいものですよ。
気が付けば習慣になっていた、という日が来れば大成功です。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×