ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

生理前や生理中のだるさを頑張って乗り切る方法!

   

1kasdjbc
引用:photo-ac
生理前や生理中は体がだるくてイライラする、という経験は女子なら誰でもありますよね。それに加えて顔や手足がむくんだり、やたら眠くなったり。
もうイヤ! なんて叫びたくもなります。
だけどイヤでも生理は毎月やってきます。女子である以上、上手に付き合って行かなければならないのです。

だるさやむくみは血行不良のせい?

2ksadjbc
引用:photo-ac
生理前は妊娠に備えるために体が水分や脂肪などを貯めこもうとします。そのため体内での循環が悪くなり、むくみが起きやすくなります。このむくみのためにだるく感じることがあるようです。
また生理中は体が冷えやすく、さらに骨盤周辺に血液が集まって血行が悪くなるためだるく感じることがあるようです。
だるさを改善するには血行を良くすることが大切です。

血行を良くするための2つのポイント

3kasjdbc
引用:photo-ac

1、体を動かす

軽く体を動かすことにより、血の巡りが良くなり代謝も高まります。
仕事や家事の合間に伸びをしたり、深呼吸を数回行うだけでも体がほぐれると言われています。
このくらいならできそうですよね。

2、塩分を控える

体は塩分を多く摂ると水分を取り込んで体内の濃度を調整しようとします。
そのために余分な水分が排出されにくくなり、むくんでしまうのです。
むくみを解消するには、大豆製品やアボカド、ホウレン草など、水分の排出を促すカリウムを豊富に含む食べ物がおすすめです。

異常な眠気は体温のせい?

4ask.bdcn
引用:photo-ac
生理前や生理中ってやたら眠いですよね。
それは体温の変化が関係していると言われています。
体温が高いところから低くなるタイミングで人は眠くなり、低いところから高くなるタイミングで目が覚めます。
しかし生理前は高温が続き、生理中は低温が続くことで、体温が適切に切り替わらなくなってしまうのです。
生理中は思い切ってお昼休みに15分ほどお昼寝をしてみませんか? 浅くて短い眠りが仕事の効率を上げるとも言われています。

 - 健康

test

あああああああ

×