ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

「気遣い」を「おせっかい」と思われないための心得

      2016/04/27

マナーの押し売りは凶器?!

1kajBSCKajbc
引用:photo-ac
自分に余裕がなければ人を気遣うことはできません。労いや感謝などの心配りは、自分に余裕があるからこそできるものなのです。たとえば待ち合わせの場所に早めに行くのも自分にゆとりがある証しです。ゆったりと人を待ち、余裕を見せつけたいものです。
かと言って、アナタのマナーおかしいよ、アナタ常識ないわね、なんて、マナーの押し売りは相手に緊張感や威圧感を与えるだけです。譲れる部分は目を瞑り、思いやりを持って接したいですね。マナーは使い方を間違えると人を傷つける凶器になり得ることをお忘れなく。

気遣いの空回り!

2;asdlbv;as.dva
引用:photo-ac
自分では気を利かせてふるまったつもりなのに、なぜかいつも相手に感謝されない。そんな経験はありませんか?
それはアナタの下心を見透かされているからです。そもそも気遣いに感謝を期待してはいけないのです。知らず知らず「ありがとう」の言葉を待っていませんか? 感謝は待つものではありません。
気を利かせたつもりのアナタの言動が、本当に相手に必要だったのかどうか。
ただ好かれたいだけの言葉だったのではないか。
思いやりがあってこその気遣いなのです。
マニュアルに縛られず、その場の空気をうまく読むことに努めてみてください。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×