ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

普段の洗髪で美しい髪を保つ!―――トリートメント編

      2016/04/28

シャンプーで綺麗に洗い上げた髪。その後のやり方を間違うと髪はますますダメージを受けてしまいます。

トリートメント効果を最大限に生かすコツ

1kasjvdckasd
引用:viceviza

普段、トリートメントを「なんとなく」つけている人も多いのではないでしょうか。
トリートメントは最初につけたところにベタッとつくので、まずはいちばんダメージのある毛先につけ、残った分を髪の中間から根元近くにつけます。地肌をケアする目的ではないので、地肌につける必要はありません。
洗い流すトリートメントの場合は、シャンプー後、軽く髪の水分を絞ってからつけましょう。ボタボタの髪につけるとトリートメントがはじかれてしまいます。
すすぎはシャンプーと違って、少しツルッとした感じが残るくらいが目安です。すすぎ過ぎると効果が薄れてしまうし、残し過ぎると髪がべたついてしまいます。

ドライヤーと自然乾燥、どっちがいいの?

2kjsadbckaS.
引用:mery

ドライヤーをかけると髪が傷む。なぜか昔からそんなイメージがありますよね。だけど実際はドライヤー乾燥のほうが髪にいいんです。
濡れたままの髪はキューティクルが開き、髪内の栄養がどんどん逃げて行きます。だから濡れたまま放置すればするほど髪はダメージを受けてしまうのです。
ただし必要以上にドライヤーで乾燥させるのはNGです。乾いているのにさらに温風を当てると、髪の水分はどんどん奪われて行きます。水分が奪われると髪はパサパサになってしまいます。

髪の上手な乾かし方

髪は根元よりも毛先のほうがダメージを受けているので早く乾きます。そのため髪を乾かすときはドライヤーの風を根元から入れましょう。根元に当てた風で毛先も乾きやすくなります。ある程度乾いたらドライヤーを少し離し、今度は髪全体に風を当てます。そうすれば髪へのダメージが少なくて済みます。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×