ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

残念なアイシャドウの使い方

      2016/05/13

薄い色から塗っている

1akjscbas
引用:photo-ac
カラーがいくつか入ったパレットは、グラデーションが簡単に作れるように考えて組み合わせられています。だけど薄い色から塗っている人は色の境目が出やすく、グラデーションがうまくいかなくなることがあるんです。
睫毛のキワにのせる濃いカラーから塗り、少しずつ被せて段々と外側へ薄い色を重ねていけば、自然なグラデーションが完成します。

濃い色で目をグルリと囲む

2kajsdbcjka
引用:photo-ac
目元をパッチリ見せたいあまり、目の周りを濃い色でグルリと囲んでしまうのは逆に目を小さく見せてしまいます。目尻を少し解放し、ぼかしてみましょう。
同じように、二重幅にピッタリ濃い色を入れると、それも目が小さく見えてしまいます。濃い色はアイラインの上や睫毛の生え際に近いところまでにしておいて、二重幅にはもう一段階薄いカラーを使うか、キワをぼかすと良いでしょう。

単色をベタ塗りする


引用:youtube

単色のアイシャドウを使う場合は、濃さを調節してグラデーションを作るとキレイに仕上がります。まぶたの真ん中ぐらいにアイシャドウをのせ、外側に向かってぼかしてあげると良いでしょう。
アイシャドウが一色ではない場合も、各カラーをのせるときにチップに取る量を調節するなどして濃淡をつけると良いですね。
目を大きく見せるには、キレイなグラデーションを作ることがとても重要なのです。

 - ファッション・メイク

test

あああああああ

×