ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

お葬式での服装のマナー

      2016/06/05

喪服

1weasdfdsads
引用:photo-ac
本来喪服とは、遺族が「喪に服している」ということを意味するものです。正式(モーニング、和装など)と略式(ブラックスーツ、ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があります。参列する人は、仮に正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上にならないようにするため、略式の礼服を着用しましょう。黒のワンピースやアンサンブル、スーツなど、肌をあまり見せないのが原則で、夏でも五分袖まであるものが望ましいです。ストッキングは黒を着用してください。

スカート丈

2adscascacs
引用:rakuten

お葬式に参列するときのスカート丈は、座ったときに膝が隠れる長さがベストです。膝下数センチくらいが良い長さと言えます。タイトなものより、少しフレアの入ったもののほうがシワになりにくく、動きやすいですね。

パンツスーツ

adcacasc
引用:rakuten

近年では喪服と称するパンツスーツがお店で売っています。実際にパンツスーツで参列している方をよく見掛けます。ただし、女性のパンツスーツは、フォーマル度は低いといえますので。パンツスーツを率先しておススメすることはできません。しかし最近ではその実用性や機能性からパンツスーツで参列する方が増えているのが現状です。パンツスーツだからと言って、即、失礼とは言えなくなってきています。

 - 生活・モラル

test

あああああああ

×