ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

熱帯夜を乗り切る方法

      2016/07/05

夜になっても25度より気温が低くならない、それを熱帯夜といいます。睡眠不足は熱中症の大敵です。眠れない夜を少しでも減らしたいですよね。

眠れない原因は気温だけじゃない

1sadsad
引用:photo-ac

地球温暖化のせいか、最近は異常気象が続いています。特に都市部ではヒートアイランド現象、エアコンの室外機、車の排熱などで気温は上昇する一方です。熱されたコンクリートの熱は夜になってもなかなか下がりません。熱帯夜の室内は30度を超えることも珍しくないでしょう。
だけど眠れない原因は気温だけじゃないんです。そのもうひとつの原因が湿度。湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、気化熱が発生しません。そのために体温も下がりにくく、いつまでも不快な感じが続いて、さらに眠れなくなるのです。

では、どうすれば寝苦しい夜から解放されるのでしょうか?

エアコンを否定するわけではない

2sadcasdc
引用:photo-ac

エアコンは室温や湿度を調整できますが、タイマーが切れたときに目が覚めてしまうという方も多いでしょう。かと言って一晩中エアコンをつけておいたら喉や鼻を痛めてしまうし、体もだるくなります。何より電気代が心配です。
ですがコンクリートジャングルの中ではエアコンに頼らなくてはならいのが現実です。エアコンをかけて寝る場合は、温度は29度に設定し、サーキュレーターを廻し、明け方までつけっぱなしにしておきましょう。29度に設定することにより、体のだるさや冷えを緩和し、電気代も随分抑えられます。

気持ちよく寝付きたいのであれば、寝る前にシャワーではなく、ぬるめのお風呂にゆっくりつかると良いでしょう。一旦上昇した体温が、お風呂から上がったときに下がって寝付きやすくなるんです。
そして、枕やシーツなどの「冷感寝具」を上手に使うのも効果的です。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×