ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

エリート裁判官、半裸画像を投稿しても人気者?!

      2016/07/10

半裸公開は個人の自由?

1sdaca
引用:ameblo

ネット上に半裸の自撮り写真を投稿したとして、東京高裁の岡口基一裁判官(50)が、最高裁から口頭で注意を受けました。岡口裁判官は際どい自撮り写真をSNSに数多く投稿する有名人で、掲示板サイトでは「ファンクラブ」のスレッドまでできています。さらに東大法学部卒業で、著書にもベストセラーになったものが多数あります。
このニュースを見たとき、裁判官が何やってんだ、と腹立たしく思ったのですが、実は「趣味は個人の自由だ」と擁護する人が多いのだとか。

人間としての品位

2asdc
引用:photo-ac

朝の情報番組ではコメンテーターである女性弁護士が「こんなことは全然OK」と擁護していました。一方で別のコメンテーターは「ふざけるな」と怒りをあらわにしていました。

こんな変態のような裁判官に裁かれたくないと思うのが世間の常識のような気がするのですが、なぜ彼はこんなにも擁護されるのでしょうか。裁判官として有能だからでしょうか。
ツイッターのトップは今でも自身の白ブリーフ姿です。既に削除されていますが、縄で縛られている状態の「緊縛」写真や「エロエロツイート頑張るね」といったツイートも投稿されていました。自分の履いていた白ブリーフをオークションで売っていたこともあるそうです。それなのに現役の弁護士までもが擁護するということは、司法に品位は必要ないということでしょうかね。

 - ネットで話題

test

あああああああ

×