ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

しっかり熟睡するためのポイント

   

食事やアルコールは早めに

1skjdb
引用:photo-ac
お腹がすいているとなかなか眠れない。おなかがいっぱいになると眠くなる。寝る前に食事をとると、胃腸に血液が集まるので頭がボーッとして眠くなるのですが、胃や腸が活動するので、眠れたとしても眠りが浅くなり、熟睡できないんです。それに消化も良くありません。またアルコールは飲んだ後、時間がたって体温が上がってくるので、眠りが浅くなり、睡眠の質が悪くなります。なので食事や飲酒は寝る3時間くらい前に終わらせておくと良いでしょう。
お腹が空いてどうしても眠れないときは、うどんやお粥といった消化の良いものを食べるか、ホットミルクを飲むなど、胃腸に負担をかけないものにしましょう。

寝室の明るさを調整する

2assf
引用:photo-ac
人間の体は夕焼けに近いオレンジ色の照明の下では、眠るための準備を始め、朝起きたときに太陽の光を浴びると、脳や体が活性化して活動の準備を始めると言われています。
寝室が明るいと、目を閉じていても光を感じ、脳が時間を勘違いしてしまうんです。寝るときはオレンジ色の間接照明にしたり、なるべく部屋を暗くしたほうが熟睡できるんです。

パジャマを着る

3askld
引用:photo-ac
毎晩パジャマに着替えることで、それが習慣化し、自然に眠気がやってきます。パジャマはできるだけゆったりとして締めつけのないものを選びましょう。かと言って大き過ぎるパジャマは、寝返りを打つたびによじれたり、端っこが体の下敷きになって却って締めつけの原因になってしまうことも。そのためパジャマは体に合ったものを選びましょう。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×