実は知らない人が多い?火加減の定義とは

      2016/09/06

実は知らない人が多い?強火、中火、弱火の定義

Gas flames
引用:temaeitamae

皆さんは毎日料理をしていらっしゃるかと思いますが、ちゃんと食材を活かした美味しい料理が作れていますか?
ちなみに、皆さんは料理を作るときにはレシピを参考にしながら調理されることってありますよね?
最近では各種様々な料理本に加えて、クックパッドなどのネットレシピサイトもとても人気があるのでメニューはそこから決めるという方も多いと思います。
いろいろレシピを見ていると、調理手順のなかに中火で何分や強火で何分といった表記があるかと思います。
しかし、皆さんは、この中火、、強火、弱火というもののちゃんとした定義わかっていらっしゃいますか?

bizindou2

なんとなく火加減を決めちゃっていませんか?
そこで、今回は火加減の定義をご紹介したいと思います。

強火とは

2asd33bead8d37d59bb3d63115aab58f0549
引用:cpcdn

強火とは鍋の底面全体に火があたるくらいの火を言います。お湯を煮立たせた場合にはボコボコと沸騰している状態になります。

中火とは

3asdschuubi
引用:chubo-danshi

中火とは、鍋の底面に火の先っぽが若干あたっているぐらいの火のことを言います。お湯の場合には少しふつふつとしている感じですね。

弱火とは

4sdyowabi
引用:chubo-danshi

弱火とは鍋に火があたらない強さの火加減のことをいいます。

まとめ

火の強さの定義、いかがだったでしょうか?火加減にはこのようにちゃんとした定義があるんですね。しっかりと火加減を覚えて美味しい料理を作りましょう!

 - グルメ

test

あああああああ

×