ポッコリの原因は内臓脂肪だった?!

   

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

1kldas
引用:photo-ac
最近ポッコリおなかが気になってきた。体脂肪率が気になる。年齢を重ねるにつれ、そんな悩み、増えてきますよね。
肥満の主な原因は「体脂肪」です。体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の二種類があり、その特徴はそれぞれ異なります。

内臓脂肪は、腸のまわりに蓄積する脂肪で、ポッコリおなかの人は内臓脂肪型肥満と考えられます。
対して、皮下脂肪は、皮膚の下に付いたぷよぷよの脂肪を指します。

bizindou1

また内臓脂肪が蓄積した体型は「リンゴ型」と呼ばれることが多く、上半身に脂肪が付きやすいのが特徴です。
皮下脂肪が蓄積した体型は「洋ナシ型」と呼ばれ、下半身に多く脂肪がつきます。

内臓脂肪を減らしたい!

2klad
引用:photo-ac
内臓脂肪と皮下脂肪、どちらが落としやすいかご存知ですか? 正解は「内臓脂肪」なんです。
つまり、内臓脂肪を落とすことが、ポッコリおなか改善の近道なのです。

皮下脂肪は二の腕やお尻などに付きやすく、ジワジワとつき、ついたら最後、とても減らしにくい脂肪です。
逆に内蔵脂肪は蓄積しやすいけれど、燃焼もしやすいのです。
内臓脂肪を落とす方法としては、バランスのとれた食事を規則正しく摂ることはもちろん、ウォーキングやゆっくりとしたジョギングなどの有酸素運動に加え、バランスボールやピラティスなどで、インナーマッスルを鍛えるなどし、基礎代謝を上げることが効果的と言われています。

 - 健康・病気

test

あああああああ

×