快適な睡眠のための枕の選び方とは

      2016/09/19

快適な睡眠を得るための枕の選び方は?

1tei
引用:kitamura

快適な睡眠を得るためにかかせないものといったら枕ですよね。
枕が変わっただけで、肩こりが治ってしまった、不眠症が治ってしまったという人が出てくるくらいに枕というのは睡眠の質を決める非常に大きな要素なんです。
でも、枕っていろんな種類がありすぎて、どれを選んだらいいのかって本当にわからないですよね。
堅いものもあれば柔らかいものもある、高さが高いものもあれば低いものもある、さらには素材もビーズのようなものがあれば、低反発ウレタンのようなものまであって千差万別。
そこで、今回は快適な睡眠を得るためには、どんな枕を選んだらいいのかについてのお話をしていきたいと思います。
このお話が、少しでも貴方の睡眠の質を改善できることを願っています。

枕の硬さは柔らかいほうがいい?堅いほうが良い?

2top001
引用:komesan

まず、枕の硬さについてです。
枕の硬さは柔らかいものから、硬いものまでさまざまあります。
自分にあっていない硬さの枕を使用すると、首周りの筋肉に負担がいき、肩こりや不眠症を引き起こすと言われています。
枕はできだけ硬めのうほうが良いと言われますが、硬ければ何でもいいというわけでもないんです。
理想的な枕の硬さは頭を枕にのせたときに程よく頭が沈み、首まで支えることができる硬さが理想的です。
人それぞれ頭の重さが違ってきますので、どの素材の、どの硬さの枕を使えとは言い難いところがあります。
ビーズが合う人もいますし、低反発が合う人もいます。
枕を買うときには実際に頭をのっけてみて、感触を試すことをおすすめします。

枕の高さはどれくらいがいいの?

3s%e6%9e%95%e3%81%ae%e9%ab%98%e3%81%95
引用:sechibu

つづいて、枕の高さはどれくらいがいいのか?ということです。
理想的な枕の高さは横向きに寝た時に背骨から首の骨にかけてまっすぐになっている高さがいいとされています。
横向きに寝た時に首が上を向いたり、下を向いたりしている場合は高さがあっていないので調整が必要になってきます。
使っている枕が低すぎるという場合にはタオルケットを枕の下にいれたりして調整してもいいでしょう。
枕が高すぎる場合には,中身を抜くことができる枕ならば調整可能ですが、下げるこができない枕の場合には買い直しが必要になってきます。

まとめ

4d20150823123443
引用:hatena

枕の選び方についてのご紹介いかがだったでしょうか?たかが枕、されど枕。枕の調整ひとつで睡眠の質が大きく変わってきます。自分にあった枕をつかって快適な睡眠を手に入れましょう。

 - 健康

test

あああああああ

×