朝バッチリ目覚める方法とは

      2016/09/28

目覚めスッキリになる方法を厳選してみました

1morning
引用:bglenish

毎日朝が起きられないという人って結構いますよね。
実はいうと、私がそんな朝が起きられない一人なのです。
夜遅くまでスマホをいじっていたり、本を読んでいたりするとどうしても朝の寝起きが悪くなってしまう。
スマホとか、本を読むからイケないんんじゃないか!というツッコミがあるのは重々承知していますが、それらは私の生きる糧なので辞めるわけにはいかないんです。
これは、自分のためでもあるのですが、朝起きられない人のために、ばっちり朝起きられる方法をご紹介したいと思います。

夜はカーテンを開けて寝る

スッキリと朝目覚める方法のひとつ目は、朝の日光によって目覚める方法です。
方法はいたって簡単で、夜には、カーテンを開けて寝るというだけです。
夜にカーテンを締めるというのは常識かと思いますが、これが朝の目覚めを遅くする原因でもあるんです。
人間の体は大陽の光によって体内時計をコントロールされていると言われています。

bizindou3

ある実験では、まったく日光が入り込まない部屋に、人を放り込んだら、眠りにつく時間、起きる時間が完全に狂ってしまったという結果が出たそうです。
それくらい、大陽の光というのは睡眠と起床に大きな影響を与えているんですね。
これは、一度騙されたと思ってカーテンを開けたままで寝てみてください。
大陽の光によって、びっくりするほどバチッと起きられますよ。
人によっては目覚まし時計もいらないほどです。

朝スッキリおきるには炭酸水!?

2original
引用:mery

朝スッキリ起きる方法のふたつ目は炭酸水を飲むという方法です。
飲み物程度で起きれるか!という感じがしますが、炭酸による喉への刺激というのは非常に強力なもので、かなりスッキリと起きることができます。
喉というのは、脳と近い場所にあるので、炭酸によって刺激されると、脳がびっくりするんだそうですよ。
かき氷を食べて頭がキーンとするってありますよね?まさに、あれが喉の刺激によって脳が刺激されているという状況なんです。
朝起きて、冷蔵庫にまでいくのが大変という方は夜のうちに炭酸水を枕元に用意して寝るといいでしょう。
ぜひ、試してみてくださいね。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×