大きな目標を達成するための目標の作り方とは

      2016/10/01

大きな目標を達成するための目標の作り方

1s1071700_10205025463050841_3192294381489202924_n
引用:socialmedia

目標をもつことは大事。
そんな言葉は誰でも飽きるほど聞いたことがあると思います。
でも、実際に目標をもって、その目標どおりに物事を成し遂げてきた人ってあんまりいないですよね。
人生で成功している人の多くは、しっかりとした目標をもち、そして、それを実現することによって人生を切り開いてきているんですよね。
実は、目標を持つっていうのも、ちょっとしたコツがいるんです。
そこで、今回は目標の持ち方のコツについて皆さんにご紹介したいと思います。

漠然と目標を作っても意味が無い。目標は明確に!

2lokalyze-target
引用:idegene

目標をあまり持ったことがない人に「目標をもちなさい」というと、漠然とした目標を作ってしまうものです。
たとえば、お金持ちになりたい!などです。
そうなってしまうと、目標が遠すぎたり、漠然としすぎていて、結局、目標のことなんて忘れてしまうということになってしまいます。

bizindou1

目標をもつときには、もっと明確にする必要があります。
目標がお金持ちなんだったら、漠然と「お金持ち」ではなく、年収1000万円以上稼ぐ!といったような具体的な数字を入れたほうがより、達成意欲が高まります。
目標は明確にすればするほど達成意欲が高まります。

目標を分割

3%e5%89%af%e6%a5%ad%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%80%80%e7%9b%ae%e6%a8%99
引用:kyosaiko

明確な目標を立てたら、次は目標を分割する必要があります。
年収1000万円達成を目標に掲げていたとしても、年収300万円がいきなり1000万円に増えることなんてありえませんよね?
年収1000万円に到達にとうたつするまでは様々な行程を経てたどり着くものです。
そこで、目標の分割が必要なんです。
大きな目標、年収1000万円を達成するための道のりを細かくわけて目標にしていくのです。
年収1000万になるためには昇進が必要だ→昇進するためには勉強が必要だ→それならば、〇〇の資格をとることを最初の目標にしよう。
といった感じです。
目標を分割し、自分の手の届きそうな小さな目標にして、それを、ひとつひとつ達成していくことで大きな目標に到達することができるんですね。

まとめ

大きな目標は日々努力することよってでしか達成することはできません。
しかし、漠然とした大きな目標だけでは挫折するだけ。
目標を明確にし、細かくして、自分の大きな目標に進んでいくように心がけましょう!

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×