ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

回数も見られてる!?面接でする正しいお辞儀の回数は?

      2016/10/15

就職試験や子供のお受験などの面接でお辞儀をしなくてはならない場面があります。では、失礼にならなお辞儀とはどんなものでしょうか。面接会場のレイアウトや、面接の方式などによって多少違いますが、とりあえず基本をご紹介しましょう。

お辞儀をするタイミング

1sd
引用:photo-ac

1.入室時
2.部屋へ入った際
3.椅子の横で
4.椅子を勧められた際
5.面接終了を告げられた際
6.椅子の横で
7.退室の前
8.退室時

bizindou1

ほかにも、「お荷物はそちらに置いてください」などの指示や誘導があったら、そこでもお辞儀が必要になってきます。1回の面接で2ケタのお辞儀が必要なんですね。これらの所作を面接官はちゃんと観察しています。そう思うと緊張してしまいますね。

丁寧なお辞儀とは

2ads
引用:photo-ac

では、心のこもった丁寧なお辞儀とはどんなものでしょうか。よくある勘違いが、より深く、よりゆっくりというお辞儀です。
お辞儀には頭を下げる角度により、いくつか種類があります。軽いお辞儀は「会釈」、一般的なお辞儀は「敬礼」、丁重に行うお辞儀は「最敬礼」と言われ、区別されています。面接で行うお辞儀は「敬礼」が良いでしょう。

では「敬礼」とはどれくらい頭を下げたら良いのでしょうか。上体を90度前後倒すのは、45度の『最敬礼』をも超えてしまい、倒し過ぎです。敬礼は30度くらいと言われています。あまりスロー過ぎず、メリハリのあるお辞儀を心掛けてくださいね。

 - 社会・政治

test

あああああああ

×