ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

オンナを下げるNGな日本語

      2016/10/17

どんなに素敵な女性でも、間違った日本語を平気で使っているのを見ると、とっても残念ですよね。
では、上品で正しい日本語について考えてみましょう。

「させて頂きます」を連発する

1asdas
引用:photo-ac

「仲良くさせて頂いております」
「楽しくさせて頂いております」
「申し上げさせて頂きます」
「お目にかからせて頂きました」
など、何にでも「させて頂く」を連発するのは耳障りでもあり、品格を下げていることもあるんです。勿論、要所要所に「させて頂く」を使うのは良いのですが、「申し上げました」「お目にかかりました」でも決して失礼にはなりません。上品に言葉をまとめるなら「させて頂く」の連発は避けたほうがいいですね。

bizindou2

何にでも「すみません」を使う

2afaf
引用:photo-ac

本来「すみません」という言葉は謝罪の言葉です。なのに日本人の悪いクセでもありますが、何かを手伝ってもらったときでも、人の前を通るときでも、人に話しかけるときでも、ついつい「すみません」と言っていませんか?
「恐れ入ります」「恐縮です」「失礼します」などの言葉をうまく使い分けてみましょう。これらの言葉が状況に応じて自然に出てくるようになれば素敵なオトナ女子です

常に謙遜する

3ksjf
引用:photo-ac

他人からを褒められたとき、「そんなことないです」「とんでもないです」なんて言っていませんか?たとえば「素敵なワンピースですね」と褒められたら、「これ古いのよ~」「バーゲンで買ったものだから」などと難点を暴露するのではなく、「そうですか? どうもありがとう」と素直に喜ぶのも素敵な女性ですよ。「ありがとう」と言ったあとには「○○さんにそう言って頂けると嬉しいわ」なんて添えてみてはいかがしょうか。

 - 恋愛・失恋, 愚痴・独り言

test

あああああああ

×