ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

「可愛い」は卒業!「美しい」女性になるためには?

      2016/10/28

美しい女性になるには

1dasada
引用:photo-ac

可愛い、というのは女性にとって嬉しい褒め言葉です。だけど大人の女性としては、そろそろ「美しい」を目指してみたいところですよね。美しい大人というのは知的で上品な女性です。
そこでまず、知的に映る姿勢を考えてみましょう。知的な女性にネコ背やペタペタ歩き、ダラダラ歩きは似合いません。背筋をスッと伸ばして歩きましょう。また、座り姿勢にもご注意を。膝をくっつけることはもちろんですが、膝から下の脚が開くのもNGです。脚を中央に揃えても、横に流しても、美しいラインが出るように、鏡に向って練習しておくと良いですね。

知的な表情づくり

2bgbg
引用:photo-ac

無邪な笑顔も可愛いものですが、キリッと自信が感じられる知的スマイルを身につけるといいですね。また、会話の途中で目が動きすぎる、上目遣いで人を見る、恥ずかしくて相手の目を見て話せない。これでは全く知的な女性とは言えません。目ヂカラをつけることも大人の女性にとって大切です。

知的な会話を心掛けましょう

3asdabb
引用:photo-ac

「え~っ、ど~しよ~!?」「あっ! すいませ~ん!」
咄嗟の時にこんな言葉が出てしまうようでは知的な女性としてNGです。ハプニングのときこそ、冷静に大人な言葉遣いができるように普段から心掛けていたいものです。プライベートとビジネス、親しい方と初対面の方、というようにシチュエーションに応じて切り替えができることこそ大人の女性ですね。

大人的言葉遣い

bizindou2

「わたし」→「わたくし」
「失礼します」→「失礼致します」
「すみません」→「申し訳ありません」 
「いえいえ、そんなことないです」→「恐れ入ります」「恐縮です」
「はい、頑張ります!」→「精一杯、取り組ませていただきます」
「全然大丈夫です」→「全く問題ございません」

普段、何気なく使ってしまう言葉も、落ち着いて知的に使うようにしましょう。

 - 恋愛・失恋

test

あああああああ

×