ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

レストランでスマートなナイフとフォークの使い方

      2016/11/01

右利きの人ならナイフは右手、フォークは左手、というのは皆さん分かっていますが、では、持ち方や、お口への運び方はどれだけの人がちゃんと分かっているのでしょうか。

人差し指の置き場

1wewewe
引用:photo-ac

ナイフは刃の付け根部分、フォークも同様の位置に人差し指を添えて持ちます。あまり上のほうを持つと、ナイフとフォークに慣れしていないように思われてしまいますし、お料理を刺したりカットしたりするときに安定感がなく、力が入りにくくなります。一般的なナイフとフォークには、人差し指を添えるとき一番安定するポイント部分がやや凹んでいて、指を添えやすくなっているんですよ。

bizindou2

フォークの持ち替え

2asdcc
引用:photo-ac

お料理をナイフでカットし終わった後、ナイフを置き、フォークを右手に持ち替えていただく人がいます。これは、カジュアルなレストランではOKですが、正統派フレンチのお店やランクの高いレストランでは、上品に見えないこともあるので避けた方が無難です。
フォークの背にライスをのせていただく人がいます。これは「勘違いマナー」の代表選手で、間違ったマナーです。フォークの腹側ですくっていただきましょう。

ナイフのタブー

3sadvcasdca
引用:photo-ac

お料理を刺すのはフォークだけです。ナイフで刺すのは大変お行儀が悪いので、やってはいけません。さらに、お料理を刃の部分に乗せて口に運ぶのはもっての外です。もちろん、ナイフについたソースを舐めるなどもNGです。
お皿にナイフを置くときは、必ず、刃の切れる部分をフォークの方に向けるようにします。フォークと反対方向に向いてしまうと、人に刃を向けてしまうということでマナーに反します。

ナイフとフォークの置き方

4cascdasdc
引用:photo-ac

これは皆さんご存じでしょうが、食事の途中であればナイフとフォークは「ハの字」に置きます。食事の終了時には、英国式であれば縦向きに揃えて、フランス式であれば横向きに揃えて置きます。迷った場合は斜めに置けば大丈夫です。実はこの斜め置きが一番ポピュラーなんです。

 - グルメ

test

あああああああ

×