ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

子供を一流のスポーツ選手にするための教育術!?

      2016/11/06

スポーツが出来る子供に育てる方法とは?

0sports
引用:basketball-kids-athlete

自分の子供を一流のスポーツ選手にしてみたいと思う親御さんも多いのではないでしょうか?
やはり、自分が達成できなかった夢を子供にたくしたいという親御さんは多いですよね。
しかし、現実問題、そんなに簡単に一流スポーツ選手の子供を育てるなんてできません。
とはいっても、可能性がゼロなわけではないんですよ!
スポーツ選手にするための子育て術を知っていれば、一流のスポーツ選手になる可能性は必ずあがります。
そこで、今回は子供をスポーツ選手にしたい場合の子育て術をご紹介したいと思います。

スポーツができるかどうかは幼少期にかかってる!?

1%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
引用:sports-career

子供を一流のスポーツ選手にしたいと考える場合には、幼少期から教育にこだわっていかなければいけません。
といいますのも、人間の運動神経というのは幼少期に大体の形が決まってくるんだそうです。
そのため、子供を一流のスポーツ選手にしたい場合には、幼少期の教育が一番大切になってくるんですよ。

運動神経がここで決まる!?プレゴールデンエイジ

2%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
引用:sports-career

まずは、プレゴールデンエイジと言われる3歳~9歳頃の年齢です。
この年代と言うのは運動神経が一番発達する時期だと言われています。
この時期に優れた運動神経を身につけることができれば、後にどんなスポーツの道に進んだとしても技術習得に優れた子供になるんだそうです。
プレゴールデンエイジでは、とにかく色んな運動をさせることが重要といわれています。
野球選手にしたいからといって野球だけをやらせていても優れた運動神経は身につかないんだそうですよ。

ゴールデンエイジ

bizindou1
9歳~12歳ごろが運動能力を著しく伸ばすゴールデンエイジと言われています。
一流のスポーツ選手に「いつごろから、この競技をやっているの?」と聞いた場合、小学校低学年からと答える人が非常に多いそうです。
それは、このゴールデンエイジが非常に強くかかわっていると見られています。
何か特定のスポーツ選手を子供に目指してもらいたい場合には小学校低学年のうちから習わせておくといいかもしれませんね。

親の栄養学も大事

3mental-training-101
引用:basketball-kids-athlete

そして、最後に、子供に運動をさせるのと同じぐらい、親の栄養学も重要になってきます。
野菜、フルーツ、お肉などなどバランスのいい食事を与えることで体の発育を促進し、運動能力も高まっていきます。
子供にばかり期待するのではなく、親自身も勉強していかなければ一流のスポーツ選手にはなりえないのです!

 - 結婚・子育て

test

あああああああ

×