ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

部屋を綺麗に!捨てるもの、捨てないものの判断のコツ

   

部屋スッキリ!物を捨てるコツとは

1s7319-00020-1
引用:service

自分の部屋を綺麗にかたづけることができない人って結構おおいですよね。
そんな、私もかつては部屋を片付けられない人間だと思っていました。
自分では綺麗にしたつもりだったのに、部屋に人を呼んだら「散らばっている、ごちゃごちゃしている」なんて言われた日にはショックで寝込んでしまいそうになります。

bizindou2

しかし、そんな私は物を片付けることができなかったのではなく、単順に部屋に物が多すぎることがゴチャゴチャしている原因だったことに気づきました。
どんなに優れた整理整頓力をもった人でも、物があふれている部屋を綺麗に収納することなんて無理です。
そこで、今回は物を捨てる技術、コツについてご紹介していこうと思います。
貴方は片付けられない女なのではなく捨てられない女なのかもしれませんよ。

瞬時に思い出せないものは捨てよう

2w621_35fdf007
引用:cdn

部屋の中のものを捨てるもの、捨てないものにわけるときに、最初に活用すべきは自分の記憶です。
ものを手にとり、それがどんな用途で、最後にいつ使ったのかを思い出せない場合には、捨てる候補確定です。
このときに一生懸命考えた末に何とか思い出せたものも出て来ることでしょう。
しかし、残念ながら一生懸命考えてる時点で、その物は貴方の生活にとって全く必要がないものであるという証拠です。
瞬時に頭に出てこないときには、ありがとうをつげてサヨナラしましょう。

捨てる基準は一年!!

3s48pls2736401
引用:josei-bigaku

ごちゃごちゃしている部屋に住んでいる人の最大の欠点、それは全く使っていないものがあまりにも多すぎるということです。
いつかまた使う時がくるかもと考えてしまい、そのままにしておくのは部屋が汚くなっていく最大の要因です。
とはいっても、もったいない気質を持っている人にとっては、なかなか捨てる判断ができないものですよね。

そこで、一年以上使っていないものは機械的に捨てる事をオススメしたいと思います。
整理整頓術のプロフェッショナルたちの多くが、この一年基準を採用しており、一年つかっていないものは、ほぼ一生使うことはないと言われています。
そんなものを家に置いておいてもゴチャゴチャの元ですから、きっぱりと捨ててしまいましょう。

 - 生活・裏ワザ

test

あああああああ

×