ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

冠婚葬祭で言ってはいけない一言

      2016/11/23

普段、何気ない一言で人間関係がしっくりいかなくなることってありますよね。言葉の使い方次第で、その人の印象は大きく変わります。特に冠婚葬祭ではマナーが必要になってきます。

お見舞い

1werfdsxcfd
引用:photo-ac

入院直後のお見舞いは避け、まず家族に体調の状況を聞くことがマナーです。
お見舞いに行って、本人を励ますつもりで、もっと症状のひどい患者の話をするのはどうでしょう?

bizindou1

それは絶対にやってはいけないことです。本人はどんなケガでも病気でも大変なんです。
また仕事の話や遊びの話もやめましょう。本人が焦ってしまい、落ち込むだけです。世間での話題やニュース、趣味の話など、差し障りのない会話が一番。お見舞いの時間も短時間で切り上げましょう。

お悔やみ

2asdvavvvv
引用:photo-ac

お悔やみに重ね言葉はNGってご存じですか? 重ね重ね、くれぐれ、たびたび、しばしばなど、重ね言葉は不幸が重なるとされ言ってはいけない言葉なんです。
ほかにも、再三、~もまた、などの忌み言葉にも注意しましょう。勿論、死ぬ、死亡、生きる、生存なども控えなければなりません。

では、一般的なお悔やみの挨拶とはどんなものがあるでしょうか。
「このたびはご愁傷さまです」
「心からお悔やみ申し上げます」
「胸中お察しいたします」
「どうぞお気を落とされませんように」
「急なお知らせで慰めの言葉もございません」

ただし、キリスト教では、人の死は終わりでなく神の元に召されることと考えられているため、葬儀は神に対する感謝や故人を懐かしむ儀式です。「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」という言い方が一般的とされています。

 - 生活・モラル

test

あああああああ

×