怖~い静電気から逃れる方法

      2016/12/13

冬になると悩みのタネになるのが静電気。いきなりバチッとくる静電気は怖いですよね。そこで今回は、静電気を防ぐ方法を紹介いたします。

からだから電気を逃がす

1ad
引用:photo-ac
からだに溜まった電気を金属以外のものに逃がすことができたら静電気は起きづらくなります。靴底によく使われているゴムは、電気を通さないため、電気を床に流せず、溜めてしまう原因のひとつなんですね。だから靴を脱いだり、床に手をついたりするといいそうです。
とは言え、人目のあるところでこの行為はちょっと恥ずかしいですよね。周囲を気にしなくてもよい社内のエレベーター前などで試してみてはいかがでしょうか。

ドアを開けるときは金属を身代わりにする

2da
引用:photo-ac
静電気の起きやすい場所といえばドアノブ。中でも車のドアノブはかなり怖いぱちぱちポイントですよね。そこで、電気を通しやすい金属の鍵を先にドアにあてることで、金属同士で電気を放出してくれるんです。
しかし!最近は鍵を差し込む車って少ないですよね。となると、同じ金属の小銭で代用できるようです。いつでも取り出せるように、常にポケットに100円硬貨を入れておくのもいいかもしれません。

健康な食生活で体質を改善

3dsa
引用:photo-ac
静電気体質の原因のひとつに、血中の酸性化があるようです。ふだんから規則正しい生活を心がけていれば血液は弱アルカリ性なんです。ファーストフードやスナック菓子ばかり食べている人は酸性になりやすいので、食生活を考え直してみるのもひとつの方法です。ファーストフードやスナック菓子を減らせば、静電気体質を変えるばかりでなく、美容にも健康にもGOODですよね。

 - 生活・裏ワザ ,

test

あああああああ

×