ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

不倫からはじめる‥ 略奪婚のポイント!

      2015/11/11

既婚男性が魅力的に見えてきた時、不倫に足をつっこむか、
自分の気持ちを正論で説き伏せるか、人によって選択は異なります。
そのとき、もし不倫に足をつっこんで、最後はこの既婚男性を奥さんから略奪して、
自分と結婚する!という目的を持ったときのポイントを考えてみます。

 

略奪婚であるということを認識して、責任をとる

人のものは盗ってはいけません、と教えられてもそれができないのが不倫です。
大人になってルールを破るということはそれに伴う責任をきちんと果たす必要があります。
奥さんと離婚して、自分のものにするために「お金」を使うことも責任の取り方として1つあります。
お金を払って許されるなら、簡単なことです。
その気合い(気持ち)があれば少しは認められる結婚となるかもしれません。
既婚男性へ、自分の気持ちを形として示す良い機会にもなります。

不倫

 

早い時時間で決着をつける。

「もう当分会話もしていないし、夫婦仲は冷えきっている」という台詞を吐く既婚男性は多いです。
しかし冷えきっているからと言って離婚するという話とは関係ありません。
子供、環境、会社関係などさまざまなしがらみがある結婚生活がそう簡単に終わることはないです。
ただ、どうしても略奪し、結婚したい!と思うのであれば時間を決めて、半年、1年と不倫関係を継続することです。
振り返った時、取り返しのつかない時間を過ごしたことを後悔しないためにも。

不倫2

 

失うものがあることを知っておく。

二兎追う物は一兎も追えず、ということわざのように、
2つのものを得ることができないことが多いです。
特に不倫は社会的にはすごくマイナスな行為であることをきちんと理解してください。
友人に祝福されたい、家族に認められたい、という望みはもちろん女性であれば持つと思います。
長い時間をかけて認めてもらえることはあるかもしれませんが、
別に認められなくてもいい、という気持ちでいた方が良いです。

不倫3

 

不倫し、略奪婚を成功されるためには腹をくくり、冷静でいることが必須のようです。
当人同士、2人にしかわからないことが多いため、盛り上がることができるのも不倫の特徴ですが、
その中で冷静さをなくさないことがポイントですね。
ただし、因果応報という言葉もありますので、いつか自分が略奪される立場に・・なんてことにならないように。

 

 - 恋愛・失恋, 生活・モラル

test

あああああああ

×