ステキなでしこ

-女性をもっとステキにするニュースサイト-

結婚に失敗する人の特徴 3選

   

結婚に失敗するがとても多い世の中です。

とはいえ結婚とは他人との共同生活。
衝突をしてしまうのは当たり前の事でしょう。

しかし、、

程度が大きいと、仮面夫婦、別居、離婚‥に至ります。
そこで今回は結婚に失敗する人の特徴をご紹介します。

失敗する人の特徴から失敗しない対策を見つけましょう。

 

お金、生活にルーズ

結婚2

お金の管理ができない、掃除や料理をしない、といった人が結婚したら、
相手に愛想をつかされるのは当たり前。
生活がルーズな人は、お金にもルーズな傾向があります。
家事を行わない主婦が旦那の稼いだお金を浪費していたら大半の旦那さんは妻に嫌気がさしてしまいますよね。

例え、昼はしっかり働いている旦那さんであっても家にお金を入れず、お酒やギャンブルなどで浪費をしていれば、妻としては不満が募ってしまいます。

 

将来を考えず、若いうちに結婚する。

結婚3

10代、20歳前後で後先を考えずに結婚したカップルの離婚率は非常に高いです。
若いゆえに生活をしていく困難さや世間の厳しさを知らないために
仕事、お金、子供、将来について考えずに結婚してしまい、生活で行き違いがあったり、
金銭面で厳しくなったりと、トラブルに見舞われがちです。

特に希望に満ちた若い時期はあまりお金に頓着がない傾向があります。
愛があればお金なんていらない、と考えお互い少ない収入で結婚し、結局、お金に困ってしまいます。

外見を重視して結婚するのも若い年齢に多いです。カッコイイ、綺麗、と外見だけでパートナーを選んでもなかなか結婚生活はうまくいくものではありません。

 

焦っている

結婚4

女性の場合は30歳前後になると結婚に焦ってしまい、相手をよく知らないまま結婚をし、結婚後に浪費癖のある男性だったと判明したり、恋愛感情がないまま結婚したため仮面夫婦となってしまったりと失敗をしてしまうことがあります。
相手の収入に惹かれて結婚したはいいけど、実は暴力的な人だった、なんて例も少なくありません。

歳を重ねてからでも結婚をすることは十分可能ですが、焦ってしまうと、適当に相手を見繕ってしまうのです。

 

いかがでしょうか?
相手との将来に希望を持っての結婚。とても幸せな気分になれるし、周囲からは祝福されます。

ところが、想像と違う結婚生活だった場合、結婚生活を解消したくても、お金、両親、子供、世間体などさまざまな事柄に支障がでてしまいます。

結婚を決める前にしっかりと相手を知る。失敗しない結婚生活を送るには見極めが肝心です。

 - 結婚・子育て

test

あああああああ

×